文字サイズ
ESGへの取り組み
  1. GLP投資法人トップ
  2. ESGへの取り組み
  3. 環境への取り組み(E)/ 環境への取り組み

Environmental Activities環境への取り組み(E)

GLPグループは、施設の設計とオペレーションプロセスを考える中で、省エネルギー施策推進を基本的な考えとしています。既存施設と新規開発の両方において、エネルギーの効率化を推進します。
本投資法人は上記方針に則り、環境に配慮した建物の保有、環境に配慮した設備の導入を積極的に行うとともに、物件取得検討時のデュー・デリジェンス・プロセスの中に、サステナビリティと環境保護についての項目チェックをルール化しており、本投資法人の資産運用業務が、社会におけるサステナビリティと環境保護に配慮したものであるよう最大限の注意を払っています。また本投資法人の運用する施設では、目標値を設定し、施設内のエネルギー・水使用量および廃棄物量のモニタリングを行っています。
さらに共用部における省エネルギー、廃棄物削減に努めるだけでなく、入居企業とエネルギー使用量・廃棄物量を共有し、使用状況に応じた省エネガイドの交付や、敷地内のアイドリングストップ推奨など、入居企業と一体となって環境負荷の低減に努めています。

気候変動への取り組み

再生可能エネルギーへの取り組み

太陽光パネルや風力発電の設置により、再生可能エネルギーを活用しています。

太陽光発電設備

風力発電

省エネルギーへの取り組み

施設の照明LED化をはじめ人感センサーの採用、倉庫部分の点滅区分の設定などにより、物流施設内のエネルギー使用量の削減を推進しています。

照明LED化

人感センサー

また、施設の空調設備更新による省エネ推進のほか、施設の外壁には、建物断熱性能を向上させる断熱パネルを採用するなど、建物内のエネルギー効率を高めています。

空調設備更新

断熱パネル

テナントとの協働

本投資法人の運用する施設では、目標値を設定し、施設内のエネルギー使用量のモニタリングを行っております。また、共用部における省エネルギー、廃棄物削減に努めるだけでなく、入居企業のエネルギー使用状況に応じた 省エネガイドの交付など、入居企業と一体となって環境負荷の低減に努めています。

省エネガイド

ゴミの分別

グリーンリース

本投資法人ではテナントとの間で締結する標準的な賃貸契約書に下記条項等を盛り込み、テナントと環境負荷の低減のために協力する取組みを進めています。

環境認証取得のための環境パフォーマンス向上に対する協働(節電、節水、廃棄物削減)
エネルギー消費量等のデータ共有、および目標値の共有

水資源への取り組み

テナントの入退去に合わせたトイレ機器の更新の他、雨水・井水の利用を通じて、節水に努めています。

トイレ機器更新による節水

雨水・井水の利用による節水

このページの先頭へ