文字サイズ
グリーンボンド
  1. GLP投資法人トップ
  2. サステナビリティへの取組み
  3. グリーンボンド

Sustainability Practicesグリーンボンド

グリーンファイナンスフレームワークの概要

グリーンファイナンスにより調達した資金の使途

グリーンファイナンスにより調達した資金を、以下の「グリーン適格資産」に定めるグリーン適格資産の取得資金、グリーン適格資産の取得に要した借入金の借換資金、又はグリーン適格資産の取得に要した発行済の投資法人債(グリーンボンドを含みます。)の償還資金に充当します。

グリーン適格資産

グリーン適格資産とは、以下の要件のいずれかを満たす資産又はプロジェクトをいいます。

a. グリーンビルディング
以下の分類において少なくとも一つの認証を取得した新規、既存又は改修建築物。

i) DBJ Green Building 認証(日本):5つ星、4つ星又は3つ星
ii) CASBEE(日本):S、A又はB+
iii) BELS(日本):5、4又は3
iv) LEED(アメリカ):Platinum、Gold又はSilver

b. 再生可能エネルギー発電設備

調達資金の管理

グリーン適格資産の取得価格の総額に総資産額に対する有利子負債比率(各投資法人債の払込期日又は借入実行日において算出可能な直近期末時点もしくは、各年2月末時点)の実績値を乗じて算出された負債額(以下「グリーン適格負債額」といいます。)をグリーンファイナンスの調達上限とします。

グリーンバランスシート

レポーティング

本投資法人は、グリーンファイナンスの残高が残存する限り、ウェブサイト上で各年の2月末時点における以下の指標を公表します。

充当された調達資金の総額
未充当の調達資金の残額
グリーン適格資産の物件数
取得した各種環境認証のレベル

外部機関の評価

本投資法人はグリーンファイナンス・フレームワークの適格性についてグリーンボンド評価機関である株式会社日本格付研究所(JCR)より「JCRグリーンボンド評価」の最上位評価である「Green 1」の予備評価を取得しています。

JCRのグリーンボンド予備評価結果 PDF

このページの先頭へ