ESGの取り組み

CSOメッセージ

ESGに対する関心がますます高まる中、責任ある社会の一員として、GLPグループはESGについて積極的に取組み、タイムリーかつ充実した開示を行なってまいります。

GLPジャパンアドバイザーズ株式会社
最高サステナビリティ責任者(Chief Sustainability Officer)

三木 久武

ESGサマリー

  • 上場物流不動産セクターにて全世界34社中1位
  • 100%
    物件の水光熱データカバー率
  • 75%
    環境認証取得物件割合
  • 44%
    グリーンリース契約割合
  • 17物件
    災害対策/避難拠点として活用可能な施設数
  • 98%
    顧客満足度
  • 28,754MWh
    再生可能エネルギー発電量
  • 439億円
    ESGファイナンス残高

外部認証評価

サステナビリティへの取り組み

社会の持続的な成長に対する社会的責任を事業執行の中核に据えるという包括的なコミットメントの証としてESG方針を策定し、様々な取組みを会社単位並びに投資物件単位で行なっています。

環境への取組み

環境に配慮した建物の保有及び設備の導入を積極的に行うとともに、遂行する資産運用業務が社会におけるサステナビリティと環境保護に配慮したものであるよう最大限の注意を払っています。

社会への取組み

GLPグループと一体となって積極的に社会貢献活動に取り組むとともに、地域社会を含む各ステークホルダーの安全性確保、ならびに従業員についても働きがいのある会社を目指して毎年様々な取り組みを行なっています。

ガバナンスへの取組み

投資主とGLP投資法人及び資産運用会社であるGLPジャパン・アドバイザーズ株式会社の利益を合致させる強固なリレーションシップ構築のため、ガバナンス体制の強化を通して投資主利益の最大化を追求しています。

ESGファイナンス

ESGに関する豊富な取組み実績をもとに、多数のESG適格資産を持つ優位性を活かしてESGファイナンスを積極的に実行し、経済的にもメリットを享受できる機会を拡大していきます。

ESGレポート

ESGに対する考え方及び取組みについてまとめたレポートの発行を通して、投資主を始めとするさまざまなステークホルダーの皆様に対し、より充実した情報開示を行なっていきます。

  1. ホーム
  2. ESG
  3. ESGトップページ

トップへ戻る